新築物件・中古物件の購入手続き...

新築物件の購入手続きについて

新築物件を購入して、
フラット35を利用する場合の手続きの流れとしては、
下記のようになります。

 

つまり、工事検査の申請を
住宅金融支援機構が定める検査機関にして、
全ての検査に合格して
「適合証明書」の交付を受ける必要があります。

新築住宅購入の場合の手続きの流れについて

■事業者の手続き
・設計検査の申請をして合格する
    ↓
・工事着工
    ↓
・現場検査の申請をして合格(中間)する
    ↓
・竣工
    ↓
・現場検査の申請をして合格(竣工)する
・適合証明申請をして適合証明書の交付を受ける

 

■利用者の手続き
・借入の申込みを行う
    ↓
・審査結果の通知
    ↓
・金融機関に適合証明書を提出する
    ↓
・抵当権の設定、保存登記、融資の契約、資金の受取りを行う
    ↓
・入居する

中古物件の購入手続きについて

中古物件を購入して、
フラット35を利用する場合の手続きの流れとしては
下記のようになります。

 

そして、全ての検査に合格して
「適合証明書」の交付を受けることになります。

 

スポンサーリンク

中古住宅購入の場合の手続きの流れについて

次のようになっています。

 

■事業者の手続き
・適合証明申請をして適合証明書の交付を受ける

 

■利用者の手続き
・借入の申込みを行う
    ↓
・審査結果の通知
    ↓
・金融機関に適合証明書を提出する
    ↓
・抵当権の設定、融資の契約、資金の実行登記を行う
    ↓
・入居する

 

フラット35は、民間住宅ローンよりも
低利で長期固定になっているので、
借りやすく、安定した返済計画が立てられるのですが、

 

その反面、
適合証明書の交付を受け
住宅の質を確保しないと融資が受けられない
という厳しい制約もあるのです。

 

スポンサーリンク