ファイナンスリース、オペレーティングリース、メンテナンスリース...

リースの種類は?

リースは、次の2種類に分類されます。

 

■ファイナンスリース(金融リース)
■オペレーティングリース(賃貸契約)

 

ファイナンスリースは、
リース会社が特定物件を購入して、
特定企業に「物融」の形で貸し付けるものです。

ファイナンスリースの特徴は?

ファイナンスリースの特徴としては、
次のようなものがあげられます。

 

■リース期間中に、投下資本を全額回収する
■中途解約は認めない
■物件納入(検収)後のメンテナンス等の責任は一切がユーザーに帰する...など

オペレーティングリースとは?

オペレーティングリースというのは、
リース物件の保守、点検、修繕などの責任を
リース会社が受け持つもので、
一定の予告期間を置いて中途解約が可能です。

 

スポンサーリンク

オペレーティングリースの特徴は?

オペレーティングリースは、対象ユーザーも、
不特定多数の場合が多く、

 

コンピュータ、自動車、建設機械など
汎用性が高く、稼働率も高く、
稼働率も高い物件が多いです。

メンテナンスリースとは?

メンテナンスリースというのは、
「サービスリース」
ともいいますが、ファイナンスリースに、
保守、修繕などのサービス特約を付けたものをいいます。

 

なお、メンテナンスリースは、中途解約はできません。

 

スポンサーリンク