フラット35とフラット35パッケージの金利等の融資条件/親子リレー返済...

フラット35とフラット35パッケージの金利等の融資条件について@

フラット35
とフラット35パッケージの

 

金利、融資期間、融資額、返済方法、
借入人の対象者、資金の使途等の
融資条件は、以下のようになっています。

フラット35とフラット35パッケージの金利等の融資条件についてA

■金利
フラット35は固定金利型です。

 

一方、フラット35パッケージは、
変動金利型と固定金利型選択型です。

 

■融資期間
フラット35は15年以上35年以内です。
一方、フラット35パッケージは、35年以内です。

 

■融資額
フラット35の融資額は、8,000万円を限度に
所要資金の90%以内まで借りられます。
また、購入価格は1億円未満です。

 

一方、フラット35パッケージは、
各金融機関ごとに異なります。

 

■返済方法
フラット35は元利金等返済か元金均等返済です。
一方、フラット35パッケージは元利金等返済です。

 

■借入人の資格
フラット35は、毎月の返済額の4倍以上の月収がある人が対象です。
一方、フラット35パッケージは、フラット35の新規利用者が対象です。

 

■資金の使途
フラット35は住宅の新築と購入です。

 

一方、フラット35パッケージは、
住宅の新築と購入だけでなく増改築も含まれます。

 

スポンサーリンク

フラット35の親子リレー返済の概要について

親子ローンとは、
親子が連帯債務者となって
長期間に渡り返済していく住宅ローンのことです。

 

具体的な商品としては、
民間金融機関では、
「親子二世代ローン」(親子ペアローン)「親子リレーローン」
などがあります。

 

一方、フラット35でも
一定の要件を満たした場合には
「親子リレー返済」
として利用できることになっています。

フラット35の親子リレー返済について

●親子リレー返済の収入基準は、
35年返済で借りたものとして計算されます。

 

●フラット35の親子リレー返済は、
申込本人の年齢が70歳以上※でも借りることができます。

 

また、年齢による最長返済期間は、
申込本人の年齢にかかわらず、
後継者(子供)の借入申込時の年齢を基に計算し、
返済期間を選択できることになっています。

 

※リフォームの場合は79歳以上です。

 

●団体信用生命保険については、
それぞれが連帯債務者になり、
どちらかの加入が条件になっています。

 

団体信用生命保険に加入できるのは、
債務者が2人でも1人のみです。

 

ですから、
もし仮に加入していない方の人が死亡した場合には
債務は弁済されないことになります。

 

ちなみに、保証は80歳までです。

一般の融資条件の場合について

●一般の融資条件ですと、
借入期間は、35年の最長期間と
年齢による最長返済期間(完済時満80歳未満)
とのどちらか短い年数となりますので、

 

高齢になればなるほど返済期間が短くなり、
融資額も少なくなってしまいます。

 

具体的には、60歳の人が申込む場合は、
返済期間は、最長19年※になってしまいます。

 

※1年未満は切捨てになります。

 

●団体信用生命保険については、
親子が2分の1ずつ加入するといった方法を
とっているところもあります。

 

スポンサーリンク