セカンドハウスローンの融資条件の概要とは

民間金融機関のセカンドハウスローンについて@

フラット35より
若干金利は高くなりますが、

 

民間金融機関でも、
以下のような
セカンドハウスローン商品を販売しています。

民間金融機関のセカンドハウスローンについてA

■オリックス信託銀行 
⇒ セカンドハウスローン応援プラン

 

■三菱東京UFJ銀行 
⇒ セカンド住宅ローン

 

■千葉銀行 
⇒ 金利選択型セカンドハウスローン

フラット35のセカンドハウスローンの融資条件について

フラット35のセカンドハウスローンの融資条件は
以下のようになっています。

 

■金利
⇒ 金融機関によって異なります。

 

■融資額
⇒ 建設費・購入費の90%以内で、1,000万円以上8,000万円までの融資が受けられます。

 

■資金の使途
⇒ 借主本人やその家族が利用するセカンドハウスの建築・購入資金であること。

 

■利用対象者
⇒ 申込時の年齢が70歳未満の人で、毎月の返済額の4倍以上の月収のある人

 

■返済期間
⇒ 15年以上※35年以内で、完済時の年齢が80歳未満です。
※60歳以上は10年以上です。

 

■保証料
⇒ 不要です。

 

■事務手数料
⇒ 金融機関によって異なりますが、手数料がかかります。

 

■特約保険
⇒ 自己負担になりますが、三大疾病特約があります。

 

■団体信用生命保険
⇒ 任意での加入になります。

 

スポンサーリンク