フラット35のメリットの概要/住宅金融支援機構の技術基準...

フラット35のメリットの概要について@

フラット35には
以下のような様々なメリットがあり、
とても利用しやすくなっているのが特徴です。

 

マイホームの取得にあたり、
資金計画を立てる際には
ぜひとも検討したい住宅ローンです。

フラット35のメリットの概要についてA

■最長35年の固定金利型です
一戸建て、新築、中古、マンションなど、
建物によって条件が変わることがありませんので、
旧公庫融資と同じように長期固定金利が利用できます。

 

■住宅に一定の質が確保されます
融資対象の住宅については、住宅金融支援機構の定めた
耐久性などの一定の基準を満たしていることが条件になっているため、
フラット35が利用できる住宅は質の面で安心です。

 

■最高8,000万円までの融資が受けられます
全国一律で最高8,000万円まで融資を受けることができます。
なお、公庫融資のような住宅の種類による上限はありません。

 

■繰上返済手数料が不要です
返済中に一部繰上返済をするときには、
通常は一定の手数料がかかるのですが、
フラット35では手数料がかかりません。

 

■保証料が不要です
住宅ローンを借りるときは、通常は一定の保証料がかかるのですが、
フラット35では保証料がかかりません。

 

スポンサーリンク

住宅金融支援機構の技術基準について

住宅金融支援機構の主な技術基準は、
住宅の耐久性と断熱措置の省エネルギー性になります。

 

また、中古の場合はさらに、
住宅の耐震性と住宅のいたみ具合が加わることになります。

 

なお、マンションなどでは、
管理規約、長期修繕計画等の維持管理水準も加わります。

 

これらの検査は、機構が協定を結んでいる
日本建築士事務所協会連合会と日本建築士連合会に
登録した建築士が実施します。

 

ちなみに、物件調査の流れは、以下のようになっています。

 

■一戸建てのケース
・設計図等によって設計検査を行います。
     ↓
・現場で目視できる範囲において中間現場検査を行います。
     ↓
・現場で目視できる範囲において竣工現場検査を行います。

 

■マンションのケース
・設計図等により設計検査を行います。維持管理基準に適合していることを確認します。
     ↓
・現場で目視できる範囲において竣工現場検査を行います。

 

■中古住宅のケース
・調査書類と現地で物件調査を行います。

適合証明書について

「適合証明書」というのは、
購入したり建設する物件が、
住宅金融支援機構の定める基準に
適合していることを証明するためものです。

 

フラット35については、
この「適合証明書」を融資の契約や
資金の受け取り前に提出しないと
利用することができませんので注意してください。

 

スポンサーリンク