民間住宅ローンとフラット35の相違点とは

民間住宅ローンとフラット35の相違点について@

民間住宅ローンとフラット35では、
以下のような相違があります。

 

■住宅の質
民間住宅ローンでは問われませんが、
フラット35の融資の対象になる住宅の場合は、
機構が定める技術基準に適合する住宅で、
床面積について下限が定められています。

民間住宅ローンとフラット35の相違点についてA

■融資限度額
民間住宅ローンの多くは最高1億円まで可能ですが、
フラット35の融資限度額は全国一律で上限8,000万円です。

 

■金利
民間住宅ローンは、
主に「変動金利」か「固定金利期間選択」なのに対し、

 

フラット35の金利体系は、
「全期間固定金利」(二段階金利もあります)を採用しています。

 

■リフォーム
民間住宅ローンではリフォームにも利用できますが、
フラット35ではリフォームには利用できません。

 

■収入基準
民間住宅ローンは
各金融機関が個別に定めているので借りやすい場合もありますが、
フラット35の収入基準は
毎月の返済額の4倍以上の月収が必要です。

 

■完済時の年齢
フラット35はローン完済時の年齢が80歳未満なので、
民間住宅ローンよりも長期の借入ができます。

 

■担保
民間住宅ローンは保証会社が第1順位ですが、
フラット35は機構を第1順位とする抵当権を設定する必要があります。

 

■繰上返済手数料
民間住宅ローンでは手数料がかかりますが、
フラット35は繰上手数料はかかりません。

 

■保険
民間住宅ローンは加入が条件で保険料はかかりませんが、
フラット35は団体信用生命保険の加入が任意で、
加入する場合には保険料がかかります。

 

■保証
フラット35には保証人や保証料は不要です。

 

スポンサーリンク