利息計算、利息制限法、リテールバンキング、利息天引き方式...

利息計算とは?

利息計算というのは、
一定の契約条項に基づいて、

 

融資金や預貯金、
公社債などの
利息を計算することをいいます。

利息制限法とは?

利息制限法というのは、
1954年に制定され、同年6月15日に施行された、
金銭消費貸借における
民法上の金利水準の上限を定めた法律のことです。

利息制限法の内容は?

利息制限法の主な内容は、次のようなものです。

 

■契約上有効な上限金利は、元本10万円未満年20%、
10万円以上100万円未満年18%、100万円以上15%とする。

 

■上限金利を超える金利であっても任意に支払われたものについては有効とする。

 

■弁済にかかる費用、契約締結にかかる費用以外の受け取る金銭は、
名目にかかわらず利息とみなす。

 

■遅延損害金(債務不履行による賠償額)の予定の率は制限金利の
1.46倍以内とする(2002年6月出資法の改正に伴い改正)。

 

スポンサーリンク

リテールバンキングとは?

リテールバンキングというのは、
個人や中小企業を主たる取引先とする
銀行経営のことをいいます。

 

ちなみに、retailは「小売り」の意味ですが、
リテールバンキングは、
大企業相手の取引を中心とする
ホールセールバンキングに対応する用語です。

リテールバンキングの業務内容

リテールバンキングは、
低利の小口預金を受け入れる一方、
当座勘定の提供や
小口の住宅・消費者ローンなどを行います。

リテールバンキングの収益性は?

かつて、銀行は
大口の企業金融に注力してきましたが、

 

次のようなことを背景として、
大口取引と比べて
収益性が期待できる業務になってきています。

 

■企業の内部留保の増大や金利先行の高まりから利ザヤが縮小している。

 

■エレクトロニクス技術の発達による小口サービスコストが低下してきている。...など

利息天引き方式とは?

利息天引き方式というのは、
表面金利(利息天引き金利)に相当する利息額を、
融資時点で徴収する融資方法のことをいいます。

 

スポンサーリンク