収入基準による借入限度額は?

住宅ローンの収入基準による借入限度額はどうなっていますか?

住宅ローンの収入基準による借入限度額は、
以下のようになっています。

 

■フラット35・財形住宅融資
フラット35や財形住宅融資では、
毎月の返済額の4倍以上の月収があることとされています。
要するに、返済は収入の25%までということです。

年収500万円で毎月返済額を12万円とするとどうなりますか?

仮に、年収500万円で毎月返済額を12万円とすると、
年間返済額は144万円(12万円×12か月)となります。

 

これですと、返済は、収入の
28.8%(144万円÷500万円)となりますので、
住宅ローンは組めないことになります。

 

よって、このケースでは、借入金額を減らしたり、
返済期間を延ばしたりするなどして、
毎月の返済額を減額する必要があります。

返済額が年収の25%までなら安全なのですか?

一般的には、住宅ローンを借りる際に、
返済額が、年収の25%までなら安全だといわれています。

 

しかしながら、資金計画を立てるときに、
単に25%という数字のみを目安にするのは
リスクが高いといえます。

 

というのは、たとえ年収が同じであったとしても、
家族構成などの相違によって、
実際には手取額は違ってきますし、
ライフスタイルもそれぞれだからです。

 

よって、実際に資金計画を立てる際には、
現在の家計の状況をよく見直し、
購入する前と後での家計を比較することによって、
返済能力を客観的に判断することが重要です。

 

スポンサーリンク