住宅資金目的の積立商品とは?

積み立てで利用可能な金融商品にはどのようなものがありますか?@

住宅資金を目的とした積立商品
ということに、こだわらなければ、

 

積み立てで利用可能な金融商品というのは、
リスク商品を積み立てるタイプなどを含め
以下のように、様々なものがあります。

積み立てで利用可能な金融商品にはどのようなものがありますか?A

■外貨預金 
■金 
■株式 
■投資信託
■普通預金からの振替で利用できる自動積立定期預金

住宅資金目的の積立商品にはどのようなものがありますか?

住宅資金目的の積立商品ということになると、
最も無難なのは
預貯金で積み立てていくということになります。

 

そして、その中から
商品を自由に選んでいく
ということになるのではないかと思われます。

 

といっても、現在のように
低金利政策がとられている状況では、
ほとんど利息はつかないですから、
時間をかけて商品を選んでも仕方ありません。

 

そのような状況の中ではむしろ、
できるだけ早く積み立てを始めて、
多くの資金を準備できることを
心がけることの方が重要になってきます。

 

スポンサーリンク

「住宅積立貯蓄」と「つみたてくん」のその後は?

以前は、
住宅購入資金目的の積み立て商品といったら
以下の商品が定番でした。

 

■「財形住宅貯蓄」
■郵便局の「住宅積立貯蓄」
■住宅金融公庫の「つみたてくん」

 

上記3つの商品に共通するのは、
融資と貯蓄がセットになっているということで、

 

財形住宅融資を利用するなら「財形住宅貯蓄」
住宅金融公庫の融資を利用するなら「つみたてくん」というように、

 

利用を希望する融資制度によって
積立商品を選ぶことが可能でした。

 

しかし、2005年からは
「住宅積立貯蓄」「財形住宅貯蓄」
については
新規の募集が行われなくなりましたので、

 

現在、融資制度などの特典のある
住宅資金専用の積立商品としては、
「財形住宅貯蓄」
のみということになっています。

 

スポンサーリンク