自己資金はどれくらい用意すればいい?

マイホームの取得の際、自己資金はどれくらい用意すればよいですか?@

マイホームの取得に際して、
自己資金は
多ければ多いほどよいのは当然ですが、

 

一般的には、物件購入価格の
30%程度を用意するのが理想的です。

マイホームの取得の際、自己資金はどれくらい用意すればよいですか?A

たとえば、
3,000万円の住宅を購入したい人であれば、
自己資金は、
900万円程度用意する必要があるということです。

用意する自己資金=頭金ではないのですか?

頭金は、
用意する自己資金の中の一部です。

 

一般的に、
住宅ローンを組むうえでは、
頭金として、物件購入価格の20%程度の
現金が必要なだけでなく、

 

諸費用についても
現金で支払わなければなりません。

 

マイホーム購入の際の諸費用というのは、
項目も多く、金額もかなりの額になってくるものですから、
頭金分の自己資金を用意すればよい
ということではすまないのです。

住宅取得の際の諸費用は、どのくらい用意すればよいのですか?

住宅取得の際の諸費用の具体的な目安としては、
以下のようになります。

 

■新築物件のケース
⇒ 物件購入価格の2〜3%程度

 

■中古などの仲介物件のケース
⇒ 物件購入価格の5〜6%程度

 

上記以外にも、
インテリア用品への支出等も考慮すると、

 

頭金を含めた自己資金全体としては、
新築であっても中古であっても、
物件購入価格の30%程度は用意したいところです。

 

スポンサーリンク