フラット35の収入合算の条件と仕組みは?

収入合算というのはどのような制度ですか?

収入合算というのは、
収入基準について、

 

一定の条件を満たした
同居予定者の収入を加算して
算定することができる制度のことをいいます。

フラット35の収入合算の条件とは?

フラット35の収入合算が可能な人の条件は、
以下のようになっています。

 

■収入を証明する公的証明書を提出できる人

 

■申込現在の年齢が70歳未満の人

 

■連帯債務者になる人

 

■申込本人の配偶者、父母または子供などの直系親族、
申込本人の婚約者、内縁関係にある人

 

なお、 フラット35の収入合算できる金額は、
申込本人の収入と同じ金額までとなっています。

フラット35の収入合算の仕組みはどうなっているのですか?

フラット35と民間住宅ローンでは、
以下のような違いがあります。

 

■フラット35
フラット35では、ひとつの住宅の購入に対して
1人の契約者しか認められていません。

 

■民間住宅ローン
民間住宅ローンでは、一つの物件に
複数の人が融資を受けられます。

 

よって、フラット35の場合では、
1人の収入では収入基準を満たすことができず、

 

限度額いっぱいまでの住宅ローンを
組むことができないケースがあるので、
収入合算という制度が利用できるようになっています。

 

スポンサーリンク