請負契約、売り顧客、ALC...

請負契約とは?@

請負契約というのは、
請負人がある一定の仕事を完成させ、
注文者がこれに報酬を支払う契約のことをいいます。

 

請負契約は、一般的には
建物の建築や土木工事など
有形的な仕事について締結されます。

請負契約とは?A

請負契約では、注文者は
完成した目的物の引渡しを受けるのと同時に
報酬を支払えばよく、

 

もし瑕疵があれば、
修補や損害賠償の請求ができます。

 

また、注文者は、仕事が完成するまでなら
いつでも請負人の損害を賠償して
契約を解除することができます。

業者との請負契約は?

土木建築等の業者との請負契約については、
紛争予防のため
必ず法定の内容の書面※を
作成交付しなければなりません。

 

また、もし工事について紛争が生じた場合には、
建設工事紛争審査会でも
その解決を図る途が開かれています。

 

※通常は契約書です。

 

スポンサーリンク

売り顧客とは?

不動産流通市場における
物件所有者というのは、
まず潜在的売り手として存在します。

 

そして、売却意思を固めると
媒介業者の売り顧客になります。

 

また、媒介契約締結後は、
売り依頼者として、売元付け業者と
特定業務に関する準委任関係を構成します。

 

さらに、取引が成約すると、
取引相手方の買主に対して
法律行為における意思表示の効果を受け、
売買契約上の売主となります。

 

なお、所有不動産の移転登記を申請する場合は、
登記義務者になります。

ALCとは?

ALCは、Autoclaved Light weight Conrete の略です。

 

ALCというのは、
軽量気泡コンクリートのことです。

 

ALCは、施行しやすく、
断熱性・耐火性にも優れているといわれ、
主として住宅の外壁や間仕切りに用いられます。

 

スポンサーリンク