ガーデニング、買取請求制度、替地、笠木...

ガーデニングとは?@

本来、ガーデニングというのは、
趣味の園芸、造園の意味です。

 

しかしながら、最近では、
自然とより積極的にかかわりたいという意識の高まりから、

 

住宅の玄関周辺、ベランダ、窓際等のスペースに
鉢植えを置くなどして、
花や緑を飾ることも多く見られます。

ガーデニングとは?A

ガーデニングは、
このような植栽による
装飾自体を指す場合に用いられます。

 

また、ガーデニングは、
デザイン作業を指す場合にも用いられます。

買取請求制度とは?

買取請求制度というのは、
都市計画事業の各段階において、
土地の所有者について認められている
土地の買取請求制度のことをいいます。

 

買取請求制度では、事業予定地内において、
許可の基準に該当しているにもかかわらず、

 

建築物の建築が許可されないときは、
その土地の利用に
著しい支障をきたすことになることを理由として、

 

知事等に対して、
その土地を買取るべき旨の申し出をすることができます。

 

また、事業地内の土地で、
土地収用法による収用手続きが
保留されているものについては、

 

施工者に対して、
買取るべきことを請求することができます。

 

これらの買取り価格は、いずれも時価とされます。

 

スポンサーリンク

替地とは?

替地というのは、
土地収用法の適用される
公共の利益となる事業において、

 

収用される土地、またはその土地に関する
所有権以外の権利に関する補償金に代えて提供される土地、
または土地に関する所有権以外の権利のことをいいます。

 

収用による損失の補償については、
金銭で行うものとされていますが、
土地所有者や関係人から収用委員会に対して要求があり、

 

委員会が相当と認め裁決したときは、
替地によって補償しなければならないことになっています。

 

ちなみに、
一般のビル建設や開発事業等の施行の際に、
その事業施行区域内の土地所有者等が、
土地買収等に応じない場合には、

 

土地取得手法の変形として、
事業施工者が、
同種類の代替性のある土地を提供することがありますが、
その場合にも替地が使用されます。

笠木とは?

笠木というのは、一般に、
塀や手すりなどの上部材を指します。

 

笠木は、
鉄筋コンクリート造陸屋根の建物においては、
屋上のパラペットの上に付いている笠の部分をいいます。

 

また、笠木には、
立上り防水層の末端部を保護する役目もあります。

 

ちなみに、笠木は材質によって、
コンクリート製のものと金属性のものとに分けられます。

 

なお、この笠木に、変形や取付部のシール切れ、
笠木コンクリートのひび割れ等が生じると、
雨漏りの原因となります。

 

スポンサーリンク