工業地域、耕作地、相続税の財産評価基本通達、公示価格...

工業地域とは?

工業地域というのは、
用途地域のことです。

 

具体的には、
主に工業の利便を増進するために
定める地域のことをいいます。

工業地域に建てられるものは?

工業地域には、
工場や住宅、店舗は建てられますが、
次の施設は建てられません。

 

■病院
■学校
■ホテル...など

耕作地とは?

耕作地というのは、
土地に関する権利上の区分のことです。

 

スポンサーリンク

相続税の財産評価基本通達における耕作地とは?

相続税の財産評価基本通達では、
耕作地とは、
農地法上の農地・採草放牧地に対する賃借権で、

 

賃貸借の解約に制限を受けるものである
と定義されています。

 

ちなみに、農地法等では、
小作地と賃借権は明確に区別されていますが、

 

所有権以外の権原に基づいて
農地等を耕作できる権利全般を
耕作地と称しているという実態もあります。

公示価格とは?

公示価格というのは、
公的に発表される地価のことです。

 

具体的には、地価公示における
標準地の1u当たりの価格で、
不動産鑑定評価基準等に基づく評価手法で判定された
売手、買手の双方に、

 

売り急ぎ、買い進み等の
特殊な事情がない取引において
成立すると認められる価格のことをいいます。

工場抵当とは?

工場抵当というのは、
抵当権の目的物の形態のことです。

 

工場抵当法においては、
工場財団のほか、
財団を組成しない狭義の工場抵当についても定めていて、

 

工場の不動産とその付加物のほか、
動産である機械や器具なども
一括して担保としています。

 

スポンサーリンク