高度地区、誇大広告等の禁止、サービサー、公簿取引・実測取引、異常硬化...

高度地区とは?@

高度地区というのは、地域地区のことです。
具体的には、
都市の合理的土地利用計画に基づいて、

 

将来の適正な人口密度、交通量
その他都市機能に適応した土地の高度利用、
および居住環境の整備を図ることを目的として
定める地域地区のことをいいます。

高度地区とは?A

なお、
建築物の高さの最高限度
あるいは最低限度が定められます。

誇大広告等の禁止とは?

宅地建物取引業法では、
宅地建物取引業者は、
業務に関して広告するとき、

 

著しく事実に相違する表示や
実際よりも著しく優良である等と
誤認させるような表示をしてはならないと規定しています。

 

スポンサーリンク

サービサーとは?

サービサーというのは、
債権回収代行業務を行う企業のことです。

 

具体的には、債権回収代行業務として証券化、
流動化した債権の回収、
管理等の業務を行う主体のことをいいます。

公簿取引・実測取引とは?

公簿取引・実測取引というのは、
宅地建物取引に関する実務用語です。

 

具体的には、公簿取引とは、
登記簿に記載された数量により、
実測取引とは、実測図に基づく数量により
特定して取引することをいいます。

 

なお、宅地・建物の取引にあたっては、
その取引数量を特定することが、
その後の担保責任等の問題から重要となります。

異常硬化(いじょうこうか)について

異常硬化とは、住宅建築工事の際、
建築物を形成する材質の硬化が十分ではないために、
所定の強度が得られないことをいいます。

 

建築現場はさまざまな外的要因を受けやすいため、
外見は十分硬化しているように見えても、
硬化不十分な場合があります。

 

スポンサーリンク