GIS、住宅貸付債権の流動化、企業会計とキャッシュフロー...

GISとは?

GISというのは、
地理情報システムと訳されますが、
情報処理技術の1つです。

 

具体的には、
地理的位置や空間に関する情報を持った、

 

自然、社会、経済等の属性データ(空間データ)
を統合的に処理、管理、分析し、
その結果を表示する
コンピュータ情報処理体系のことをいいます。

住宅貸付債権の流動化とは?

住宅貸付債権の流動化というのは、
債権流動化方策のことです。

 

具体的には、
住宅を担保(抵当)とした長期貸付債権が、
信託等を通じて第三者に
譲渡、現金かされることをいいます。

CF(キャッシュフロー)分析とは?

CF(キャッシュフロー)分析というのは、
投資分析手法のことです。

 

具体的には、
資金の流れ(キャッシュフロー)に着目した
投資採算性等の分析手法のことをいいます。

 

スポンサーリンク

企業会計とキャッシュフロー

企業会計上、
収益は実現主義、
費用は発生主義を原則とし、

 

収益と費用を一定の基準に従って配分して
期間損益を計算します。

 

これに対して、キャッシュフローは、
現金の入金、出金の事実に基づいて
資金の純増を計算するものなので、
人為的な操作が入り込む余地はありません。

キャッシュフロー分析のメリットは?

キャッシュフロー分析のメリットとしては、
賃貸ビルのように
投資効果を長期にわたって分析する場合には、
次のようなことをあげることができます。

 

■各年の資金の状況が把握できること。
■借入金の残高の把握が容易であること。
■大規模修繕計画等の判定が容易であること。

 

よって、会計上の期間損益計算よりも、
キャッシュフロー分析の方が優れているといわれています。

 

スポンサーリンク