市街地再開発事業、住宅抵当証書、時価会計、敷金...

市街地再開発事業とは?

市街地再開発事業というのは、
市街地開発事業のことです。

 

具体的には、市街地の土地の合理的かつ健全な
高度利用と都市機能の更新を図るため、
都市計画法、都市再開発法で定めるところに従って行われる

 

建築物および建築敷地の整備
並びに公共施設の整備に関する事業、
およびこれに付帯する事業のことをいいます。

住宅抵当証書とは?

住宅抵当証書というのは、
建物に関する証書のことです。

 

具体的には、住宅貸付債権(抵当債権)の流動化の際に、
金融機関が発行する
不動産担保付譲渡債権証書のことをいいます。

時価会計とは?

時価会計というのは、
資産会計の計上基準に関する用語です。

 

具体的には、企業の保有する
固定資産の会計処理に当たり、
評価時点における市場価額に基づくとする
時価主義によることをいいます。

 

スポンサーリンク

時価会計のメリット・デメリットとは?

時価会計のメリット・デメリットは、
次のようなものです。

 

■メリット 
⇒ 企業内の資産価格が時価を表示することにより、
収益と費用の対応が実体を表すこと

 

■デメリット 
⇒ 時価の捉え方に恣意性が生じやすいこと

敷金とは?

敷金というのは、
不動産の賃貸に係わる金銭のことです。

 

具体的には、不動産、特に建物の賃貸借において、
賃料その他の賃貸借関係から派生する
賃貸人の債権を担保するために、

 

契約時に
賃借人から賃貸人に交付される
金銭のことをいいます。

敷金により担保される債権は?

敷金によって担保される債権の範囲は、次のようなものです。

 

■延滞賃料
■ふすまの破損等の保管義務違反による損害賠償
■賃貸終了時から明渡し時までの間の賃料相当額...など

 

スポンサーリンク